2010坐禅会・各自の見解

now browsing by tag

 
 

白隠禅師坐禅和賛H. 22. 09. 04 宮本 實

白隠禅師坐禅和賛

辱なくも此の法を 一たび耳にふるる時
讃歎随喜する人は 福を得る事限りなし
況や自ら回向して 直に自性を証ずれば
自性即ち無性にて 既に戯論を離れたり

回向 : 自分の修めた善行や功徳をすべての人々のために振り向けること
自性 : そのものが本来備えている真の性質、本性
無性 : 無自性の略、空、実体のないこと

有難い事に、この法(おしえ)を 一度でも耳にする時
深く信じ讃え喜ぶ人は 必ず幸福を手に入れるでしょう
ましてや自ら修行し省みて 自分の心の正体を知るなら
それは無自性・空なので もう、既に無意味な論理を離れている

続きを読む…

白隠禅師「坐禅和讃」を読む 8/21 担当花本

一座の功をなす人も   

積みし無量の罪ほろぶ    

悪趣何処にありぬべき

浄土即ち遠からず

一座・・・一人座る(座禅)事。    

功・・・・修行の効果。念仏の功。

も・・・・もまた。

無量・・・数的、量的、空間的に無限。仏    

罪・・・・悪。苦。宗教的に非難される行為。善男善女から非難される行為

ほろぶ・・絶えてなくなる 

悪趣・・・悪い所。悪行の結果として受ける生存の状態。迷いの世界。

  苦しみの生存。

浄土・・・煩悩の穢れを離れた清らかな世界。仏のおられる世界。極楽。仏 

               (・・・仏教語大辞典    古・・・古語辞典)

一人静かに座禅を組み、その修行の効果があらわれた人もまた、

今まで重ねてきた数多くの悪い行為や、(人生の)苦労が消え果ててしまう。

悪行や心の迷い、苦労などはどこにもないはずである。

言いかえれば仏のおられる清らかな世界は(自分自身の)すぐそばにある。

                              (花本 訳)

ひととき、心をおちつけて静かに座った人は

悩みごとなど実はなかったんだ、と気付くのです。

悪い出来事など一体どこにあるというのでしょう。

極楽は今ここにあるのです。

                 (臨済宗妙心寺派 松尾山 聖福寺 HPより)

  続きを読む…

4.白隠禅師「坐禅和讃」を読む 7/10 担当松田

夫れ摩訶衍禅定は                   大乗の禅は

称嘆するに余りあり                       いくら称嘆してもしきれないほどだ。

布施や持戒諸波羅蜜            他人への施しや自分自身への戒め

念仏懺悔修行等                         念仏や懺悔、他力の信心、自力の修行等

其の品多き諸善行             数々の善行があるが

皆この中に帰するなり           それらは皆「禅定」の中に包括される。

<用語解説>

摩訶衍       大乗(Mahā〈偉大な〉yāna〈乗り物〉)という語は、『般若経』で初めて見られ、摩訶衍(まかえん)と音写された。大きい乗り物→大きい教え。

禅定  心を統一して瞑想し、真理を観察すること。またそれによって心身ともに動揺することがなくなった、安定した状態を指す。坐禅。

大乗仏教 伝統的に、ユーラシア大陸の中央部から東部にかけて信仰されてきた仏教の分派のひとつ。自身の成仏を求めるにあたって、まず苦の中にある全ての生き物たち(一切衆生)を救いたいという心、つまり大乗の観点で限定された菩提心菩提(悟り)を強く求める心のこと)を起こすことを条件とし、この「利他行(自分の解脱よりも他者の救済を優先すること)」の精神を大乗仏教と部派仏教とを区別する指標としている。  

持戒  戒を守ること。仏教において守らなければならない道徳規範や規則を守ること。

諸波羅蜜 諸々の波羅蜜。 彼岸(覚り)に到る行と解するのが通例である。玄奘以降の新訳では波羅蜜多(はらみた)は、仏教における菩薩仏教において成仏を求める(如来に成ろうとする)修行者)の基本的な実践徳目である。六波羅蜜(ろくはらみつ)とは、布施、持戒、忍辱、精進、禅定、智慧のこと。「六度(ろくど)」とも呼ばれる。菩薩は、この六つの波羅蜜行の徳を蓄積して、遠い未来の生において一切智の正等覚者として無師独悟するといわれている。

※臨済宗 大光山 宝徳寺、ウィキペディア 参照

私の見解(松田)

続きを読む…

3.『白隠禅師坐禅和讃』

  ■ 『白隠禅師坐禅和讃』 経文 現代語解釈 『智光院』

六趣輪廻の因縁は己が愚痴の闇路なり
闇路に闇路を踏そえていつか生死を離るべき
   
(ろくしゅりんねの いんねんは おのれが ぐちの やみじなり       
やみじに やみじを ふみそえて いつか しょうじを はなるべき)

人間は、地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上、という6つの世界(六趣または六道)を生まれ変わる、とされ、それは「輪廻転生」と言われています。
悪行の結果として、地獄・餓鬼・畜生の3つの悪趣に生まれ、善行の結果として、修羅・人間・天上の3つの善趣に生まれる、とされています。                  
そして、苦しみからの解脱は、3つの善趣に転生すること、と考えています。                       
しかし、そのような考えは、私たちが愚かで、仏心を信じないがために、そう考えるのです。                           
もともと釈尊の教えでは、私たちの苦しみには、必ず原因があり、その原因を無くせば苦しみは消滅する、という考え方です。     
その教えを知らないから、私たちは輪廻転生に、救いを求めているのです。           
それは、暗い夜道を、灯りも点けずに歩いていくようなものです。                       
暗い夜道を歩いていっても、目的地に辿り着くのは難しく、これでは、苦しみから抜け出すどころか、さらに苦しみの迷路に入り込んでしまいます。

  • 天界道
    天界道は天人が住まう世界である。天人は人間よりも優れた存在とされ、寿命は非常に長く、また苦しみも人間道に比べてほとんどないとされる。また、空を飛ぶことができ享楽のうちに生涯を過ごすといわれる。しかしながら煩悩から解き放たれていない。
    天人が死を迎えるときは五つの変化が現れる。これを五衰(天人五衰)と称し、体が垢に塗れて悪臭を放ち、脇から汗が出て自分の居場所を好まなくなり、頭の上の花が萎む。 
  • 人間道
    人間道は人間が住む世界である。四苦八苦に悩まされる苦しみの大きい世界であるが、 苦しみが続くばかりではなく楽しみもあるとされる。また、仏になりうるという救いもある。
  • 修羅道
    修羅道は阿修羅の住まう世界である。修羅は終始戦い、争うとされる。苦しみや怒りが絶えないが 地獄のような場所ではなく、苦しみは自らに帰結するところが大きい世界である。
  •  畜生道
     畜生道は牛馬など畜生の世界である。ほとんど本能ばかりで生きており、使役されなされるがままという点からは自力で仏の教えを得ることの出来ない状態で救いの少ない世界とされる。
  •  餓鬼道
    餓鬼道は餓鬼の世界である。餓鬼は腹が膨れた姿の鬼で、食べ物を口に入れようとすると 火となってしまい餓えと渇きに悩まされる。他人を慮らなかったために餓鬼になった例がある。
    旧暦7月15日の施餓鬼会はこの餓鬼を救うために行われる。
  • 地獄道
    地獄道は罪を償わせるための世界である。その罪の重さによって服役すべき場所が決まっており、焦熱地獄、極寒地獄、賽の河原、阿鼻地獄、叫喚地獄などがあるという。そして服役期間を終えた
    ものは輪廻転生によって、再びこの世界に生まれ変わるとされる。

            慈眼院 座禅会  井内 道登

2.Hakuin Zenji – Zazen Wasan(白隠禅師 ― 坐禅和讃)

 

Shu-jo chikaki wo shirazu shite
衆生近きを知らずして         私たちが仏であるにもかかわらず
Tooku motomuru hakanasa yo
遠く求むるはかなさよ         自分の外に仏があると思って あちこち探しまわっている
Tatoeba mizu no naka ni ite
譬えば水の中に居て         それは水の中にいながら
Katsu wo sakebu ga gotoku nari
渇を叫ぶが如くなり              のどが渇いたと叫んでいるような ものである
Chooja no ie no ko to narite
長者の家の子となりて         また、裕福な家の子に生まれたのに
Hinri ni mayou ni koto narazu
貧里に迷うに異ならず         貧しい里をさまよい歩いているのと同じである 

白隠禅師の描く達磨像にこんな言葉がありました。
直指人心 見性成仏 (じきし にんしん けんしょう じょうぶつ)
人間の心の根源を見届けて仏になりなさい、の意だそうです。
つまり、己自身を懼(おそ)れることなく見定める事だと思います。
例えば私の意見ですが、
ある物事や出来事に対し、「直指(じきし)」直視(ちょくし)できない場合も
多く、何だかんだと自分に甘かったり、知らぬ間に言い訳を考えたりした事っ
てありませんか?そんな内は、自分の中に確固として鎮座する“仏”には到底
たどり着けないのではないでしょうか。とにかく私には難しすぎます。きっと
心のどこかで、わたしのような凡人には悟る資格がないのでは・・と思ったり、
また資格があっても、厳しい修行を行った末には、外部から「仏心」が降臨し
てくるものかなと思ったりしています。ですが、お釈迦様や白隠禅師も私たち
が仏であると明言しています。
これからは、私自身出来る事(視る・発言する・感謝する・謝るなど)を徹底
して判断し、行動してまいりたいと思っています。
                        2010.5.22  片桐孝二