サバニ、サバニ・レース、サバニ・クルージング・沖縄

サバニの新しい価値、漁船からプレジャーボートへ

サバニは、沖縄固有の伝統的な小舟である。しかしサバニは伝統を受け継ぐだけの、過去の遺物となったのではない。今では漁労用の小舟から、プレジャーボートの一種へと、社会的役割が移行しているのだ。漁船としては積載量の大きい和船が、一部を除いて、すでに沖縄ではサバニに取って代わっている。
その反対に、プレジャーボートとしてのサバニ愛好者は、発祥の地である沖縄のみならず、全国に広がっている。サバニ・レースは、沖縄各地で開催されるようになった。

サバニ愛好者が、サバニの伝統や、古式という外形にこだわるのは大切なことである。また同じように、サバニの内面となる、舟艇としての優れた性能に注目したい。性能とは、スピード性、操縦性、凌波性、耐久性、コストパフォーマンスなどを言う。
サバニにだけではない。舟がそれぞれの用途に対して最高の性能を発揮するよう、造船技術者は乗り手とともに、常に伝統に改良を加えてきた。そして船型と材質改善の努力は、現在でも船匠と乗り手によって継続されている。日の目を見ることがないその努力に、心からのを敬意を捧げたい。
その結果サバニは、世界で最も優れた性能を有する舟艇へと進歩した。

アジア一帯の舟艇に、サバニの持つ優れた性能との類似性が認められることは、よく知られている。性能の類似性は、ヨット設計家である故横山晃が船型の比較分析を行い、明らかにした。詳しくは、サバニの性能と特性のページを、ご覧頂きたい。サバニの持つ特性が、ヨットやボートに対して与えている影響も大きい。
しかし造船力学的な性能だけではなく、サバニを走らせるためのセーリング技術、ナビゲーション、運用術などは、さらに改善して行くことが必要であろう。
サバニは沖縄固有の艇である。しかしそのルーツには、アジア全体への広がりが存在する。

レースや長距離ツーリングといった、サバニの新たな存在価値が生まれてきている。そんな中でヘンサーの活動が、サバニの新たな社会的価値を高める一助となることを願っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です