サバニ、サバニ・レース、サバニ・クルージング、サバニ・ツアー・沖縄
  • ラグーンを帆走するサバニ

  • 座間味のハイビスカス

  • 座間味島へ向かう

  • ケラマ内海のヘンサー

  • 古座間味ビーチに上陸

  • 座間味レース前の整備

  • 帆走するサバニ

  • ハテ島を越えて那覇へ

  • チーム・ヘンサー2009

サバニ・ヘンサー///



サバニの新しい社会的価値

サバニ、漁船からプレジャーボートへ

サバニは、沖縄固有の伝統的な小舟である。しかしサバニは伝統を受け継ぐだけの、過去の遺物となったのではない。確かに漁船としては、積載量の大きい和船が、一部を除いて、すでに沖縄ではサバニに取って代わっている。今ではサバニの多くが漁労用の小舟から、プレジャーボートの一種へと、社会的役割が移行しているのだ。レースや長距離ツーリングといった、サバニの新たな存在価値が生まれてきていると言って良いだろう。
すでにプレジャーボートとしてのサバニ愛好者は、発祥の地である沖縄のみならず、全国に広がっている。サバニ・レースは座間味だけではなく、沖縄各地で開催されるようになった。
サバニの社会的価値を高める一助となることを願って、我々ヘンサーも、活動を続けていきたいと考える。

サバニ愛好者が、サバニの伝統や、古式という外形にこだわるのは大切なことである。また同じように、サバニの内面となる、舟艇としての優れた性能に注目したい。性能とは、スピード性、操縦性、凌波性、耐久性、コストパフォーマンスなどを言う。
サバニにだけではない。舟がそれぞれの用途に対して最高の性能を発揮するよう、造船技術者は乗り手とともに、常に伝統に改良を加えてきた。そして船型と材質改善の努力は、現在でも船匠と乗り手によって継続されている。日の目を見ることがないその努力に、心からのを敬意を捧げたい。
その結果サバニは、世界で最も優れた性能を有する舟艇の一つへと進歩した。

アジア一帯の舟艇に、サバニの持つ優れた性能との類似性が認められることは、よく知られている。性能の類似性は、ヨット設計家である故横山晃が船型の比較分析を行い、明らかにした。詳しくは、サバニの性能と特性のページを、ご覧頂きたい。サバニの持つ特性が、ヨットやボートに対して与えている影響も大きい。
しかし造船力学的な性能だけではなく、サバニを走らせるためのセーリング技術、ナビゲーション、運用術などは、さらに改善して行くことが必要であろう。
サバニは沖縄固有の艇である。しかしそのルーツには、アジア全体への広がりが存在することを忘れてはならない。

 

「帆かけサバニレース in やんばる」参加報告 – その4 (完) –

【4/23(月) 晴れ(整備日和?)、南の風】

・  06:30 起床、07:30 名護発。 なんと、07:00のNHKニュース(!)で昨日の「帆かけサバニレース in やんばる」の様子が放映され、事務局代表 森さんの熱いコメントが紹介されました。

・  08:30 糸満フィッシャリーナ着。牧野さん、広瀬さんの3人で潮出しを2時間程度で完了。シートやセール等が乾くまでの時間を利用して、「ヘンサーの生みの親」大城造船の大城さん、レース会場で声をかけて下さった「海人工房」資料館の上原謙さんを表敬訪問しました。上原 謙さんは秋の資料館公開に向けて、準備に大忙しのご様子でした。
それでもまだ十分時間があるので、牧野さんにお願いして愛艇「極楽蜻蛉」でデイセーリングに出発し、船上でランチを楽しみました。ルカン礁に向けて途中で引き返す約3時間、アビームの風の中、とても快適でした。それに、「極楽蜻蛉」は電気自動車ならぬ電気ヨット(!?)。入出港も大変静かで、バウが波をさばく音が耳に心地よかったです。

・  15:30頃 片付け開始。全てをヘンサーに積み込み、カバーをかけて、ハイッ、完了。やっぱり、3人でやると早いです。仕事を休んで来ていただいた牧野さん、片付けまで手伝っていただいた「助っ人」広瀬さん、ほんとうに助かりました。ありがとうございました。おかげで、ヨットにも乗れたし・・・ (感謝)2デス。

・  17:00頃 大城さんにご挨拶して、糸満を出発。19:15には 機上の人となり、夜半近く自宅に戻りました。そして、シャワーだけ浴びて、即爆睡zzz・・・
とても濃厚な、感謝の気持ちに満ちた沖縄の3日間が瞼と共に閉じました。

おわり

「帆かけサバニレース in やんばる」参加報告 – その3 –

【4/22 (日) 曇りだったり小雨だったり・・・ そして、昨日の風は何処!? 】

・  07:00頃 あわてて起床。牧野さんと共に途中で朝食を済ませて名護へ向かい、広瀬さんと合流。
お天気はあいにくの小雨模様。海面にはもやが立ち込め、あまり風も期待できそうにありません(ヘンサーチームが最も苦手とする海況です・・・)。

・  08:30 ビーチにて、レース申込み。
参加費10,000円/チーム、サバニ搬送費10,000円(糸満⇔名護、往復!)。しかも、メンバー全員の昼食付きで、遠方からの参加者にとっては、ホント、ありがたいです。

・  09:00 開会式。事務局から変更したコースの説明があり、名護21世紀の森ビーチ(スタート)⇒安和ビーチ沖⇒名護21世紀の森ビーチ沖通過⇒名護漁港沖ブイ⇒許田沖ブイ⇒名護漁港沖ブイ⇒名護21世紀の森ビーチ(ゴール)の約17kmのコース。この中で、許田沖ブイからの最終レグはしっかり真上りに設定されています。
スタート15分前頃、急遽事務局から招集が掛かり、再度コースを変更するとの発表がありました。海上がガスっているため、安全確保の観点から名護漁港から出入りする航路を横切るコースがカットされ、名護21世紀の森ビーチ(スタート&ゴール)⇔安和ビーチ沖往復の約12kmの短縮コースとなりました。
でも、このお天気にもかかわらず複数のメディアが取材に来ているようで、スタート準備を進める各チームをインタビューしたり、映像に収めたりしていました。

・  10:00 小雨と弱い北寄りの風のなか、各艇、フォーンを合図に一斉にスタート!
ヘンサーは漕ぎ主体のレースを覚悟し、時々吹く風を拾いながら3名で進みます。しかし、漕ぎ勝負となると他艇との差はどんどん開き、まだ海面に漂うガスにその姿が小さくなっていきます。それでも、時々サッと風が吹き込めば、ヘンサーは滑空するハヤブサのように帆走ります。「2年間、待っていてくれたんだなあ」と熱いものがこみ上げてきましたが、現実はぶっちぎりのビリ。ビーチを眺めれば、ゴールしたサバニが浜に整列し、わが艇のゴールを待ちわびているかのよう・・・。あわてて、広瀬さんのエークに調子を合わせ、ゴールを目指しました。牧野さん、広瀬さん、本当にお疲れ様でした&ありがとうございました。

・  12:00 ゴール後、ちょうどお昼の時間なので、空腹を満たすため&冷えた体を温めるため昼食にしました。表彰式会場横のテントには沢山のボランティアが参加して昼食を準備してくれていて、しかも、『お代わりOK!』というありがたさ。本当に、ご馳走様でした。美味しかったです。
そして昼食後ビーチに戻ってみると、既にヘンサーは搬送用トラックに積み込む地点まで移動されていて、大恐縮(スミマセン!)。出場チームの皆さん、この場をお借りしてお礼申し上げます。「本当に、ありがとうございました!!」

・  15:00 表彰式。第1回と同様、稲嶺名護市長が来賓として出席され、「名護市長杯」のお話もあり、ますます「帆かけサバニレース in やんばる」が発展していく印象を受けました。
閉会式終了後、サバニ搬送のスケジュールを確認してみると、糸満のサバニは第1便で本日搬送予定とのこと。ミヤギさん自作のサバニ搬送用ラックに糸満からの5杯のサバニを載せて17:00頃に名護を出発、18:30頃には糸満フィッシャリーナに到着しました。それにしても「サバニ搬送用ラック」、下に積んだサバニに荷重が掛からず、とても良く出来ています!(是非、写真で確認してみてください)。前回自作された、サバニをクレーンで吊り下げた時にハルを絞り込まないようにする補助具(これも写真をご覧ください)といい、そのアイデアと実行力には脱帽です。

・  20:00本日の宿泊先の名護に戻り、「フーカキサバニ」事務局の打ち上げに飛び入り参加させていただきました。その中で、KAZI誌にも掲載された「フーカキサバニ」の皆さんによる『サバニ旅(沖縄⇒宮崎)』の映写会があり、思わず見入ってしまいました。ぎっちり中身が詰まった密度の高い時間を仲間で共有されている様子が伝わってきて、なんだか羨ましくなりました。
それにしても、「フーカキサバニ」事務局の皆さん、本当にお疲れ様でした。入念な準備とスマートな運営、とても見事だと思いました。おかげさまで、楽しく過ごさせて頂きました。

 

「帆かけサバニレース in やんばる」参加報告 – その2 –

【4/21(土) 曇り時々小雨、夜になってサンダーッストォーム!】

・  11:00頃 那覇着。レンタカーを借りてから、今回一緒に参加いただける牧野さんと合流。
牧野さんとは、2月に始めてお目にかかり、今回で2回目です。糸満に自艇「極楽蜻蛉(ごくらくとんぼ)」<アホウドリ24>を回航し、今は羨ましい沖縄暮らし。昼食もそこそこに、名護へ向かいます。お天気はあいにくの曇り空、時々小雨が混じります。

・  14:00頃 名護市21世紀の森ビーチに到着。「海想」の森さん、「フーカキサバニ」事務局の皆さんにビーチでご挨拶。前回お目にかかってから2年が経っているにもかかわらず覚えていてくださっていて、感激。
そこで森さんから、神奈川で古式サバニのチームを作って活動中の広瀬さんをご紹介いただき、「助っ人、登場~ッ!」と相成りました。しかも広瀬さんは、「ランナーズ、ハイ」ならぬ「パドラーズ、ハイ(!?)」だそうで、漕げば漕ぐほど楽しくなる奇特なお方! わがチームにとっては、願ったり叶ったりの、いわゆる『棚ごと(?)落ちてきた、ボタモチ!』に、またまた感激デス。おかげで、ヘンサーの組立&調整も三人で取り掛かり、あっという間に完了でした。
夕方、雨脚が強くなってきたので、前夜祭会場近くの宿泊先へ移動してcheck-in。名護から恩名村までの車窓からの風景は、雨とはいえ、「恩納~名護までのコースタルコース、来年こそ、帆走ってみたい!」と強く思うほどの素晴らしい眺めでした。

・  19:00頃 「前夜祭」で参加チームの皆さんと会食。外は前線通過に伴う大荒れの天気でしたが、吹き荒れる雨風&カミナリの音に負けない大きな声で各チームのメンバー紹介もあり、みんな、明日の燃料をタップリ仕込んで、大いに盛り上がりました。

「帆かけサバニレース in やんばる」参加報告 – その1 –

皆様、ご無沙汰しています。チームヘンサーの角田です。

このたび、4/22に名護で開催された「第2回帆かけサバニレースinやんばる」に参加してきました。
サバニレース事務局の皆さんをはじめ他のチームの方々、とても沢山の方に大変お世話になりました。また、新たな仲間にめぐり合う幸運にも恵まれました。
素敵な出来事があまりにも沢山あったので長文になり恐縮ですが、ご報告させていただきます。

ご興味もたれた方、これからご一緒に参加いただけたら嬉しいです。
どうぞ宜しくお願いいたします。

【4/20(金):プロローグ】

・  12:00頃 「フーカキサバニ」事務局(「帆かけサバニレース in やんばる」事務局)より、天候不良のため、恩納~名護までのコースタルコース(約20km)から名護湾内の周回コースに変更するとの連絡がありました。
スタート地点の変更に伴いサバニ搬入先の変更(恩納⇒名護)等の手配があるので、おそらく事務局はギリギリのタイミングまで気象情報とにらめっこしていたのではないかと思います。
コース変更にはなりましたが、なにしろ2年ぶりのサバニレースなので、とても楽しみです。

・  20:00頃 サバニ搬送について、前回(2010年)お世話になったミヤギさんにスケジュールを確認。すると、糸満から参加する他のサバニと共に、既に名護のビーチに搬送済みとのこと。糸満フィッシャリーナの下条さん、糸満から参加するチームの皆様には、感謝、感謝です。
おかげで、明日は余裕を持って、準備が出来そうです。

サバニ帆漕レース実行委員会から電話

昨日、座間味サバニ帆漕レース実行委員会の窓口担当者から、電話があった。今年のレースへ参加しませんかとの、ご案内だった。

座間味島からのサバニレースには、これまで3回参加させていただいた。二回目の参加の時は、運良く三位となることができた。そのせいかどうかはわからないが、三回目の参加の時は、レース前のインスペクションで、とても不公平で不愉快な扱いを受けた。そこでレース実行委員会に対して、要望書を文書で送付したが、何らの返答もなかった。そこへ突然の参加案内をいただいたので驚いた。

「しかるべく対応をいただければ、参加を検討させてもらいますよ。」
「レース実行委員会のメンバーも替わったので、では文書で回答できるよう責任者へ連絡します」
初めての真摯な対応だ。期待しておこう。