坐禅会

now browsing by category

 

慈眼院月例坐禅会

坐禅会

Meeting with your true self creates more peace and enjoyments on your life.
 

楽 亦 在 其 中

坐禅会のルール

  1. 会場として使わせて頂いている、慈眼院への感謝を忘れない。
  2. 経験、年齢、知識の多寡を持ち込まない。
  3. 社会的な地位を持ち込まない。
  4. 宗旨や教義を持ち込まない。
  5. 坐禅の根本に帰り、ありのままの自分を知る。

 

  • 日時: 毎月一会、土曜日、午後6時半から約3時間。 都合により日程を変更する事があります。日程は必ずこちらから、ご確認ください。ご希望の方は6時半前に集合して下さい。遅れたときは休憩時まで、お待ち下さい。体が楽な服装でお越し下さい。こちらの報道記事が参考になります。参加費は500円です。3名以上の人数でないときは、事前連絡は不要です。また不定期に接心(泊まりがけの坐禅)を行っています。
    The monthly Zen meeting starts at 1830 hours most of every first Saturday for 3 hours. You can check the current schedule here. The fee will be charged Yen 500 per person.
    Please feel free to join the Zen meeting. You are welcome no matter who you are. Overnight meeting is frequently held.
  • 場所: 大阪府泉佐野市日根野626 慈眼院御本堂の地図はこちら
    The meeting is held at JIGENIN temple in Osaka. You can check the location here.
  • 会場でのご注意: 駐車は3,4台可能です。ドアーの開閉は静かに願います。トイレは境内の庭にあります。使用後は電灯のスイッチを消して下さい。
  • 坐禅の方法は、こちらをご覧ください。合図に使用する金剛鈴は2006年にダライ・ラマ法王が、広島の大聖院で潅頂を行われた際に頂いたものです。
  • 月例坐禅会には思想信条を問わず誰でも参加できます。坐禅はメディテーション、止観などと同じ意味です。キリスト教、イスラーム、仏教などの宗教に共通して行われる瞑想の一種です。生きている限り避けては通れない欲望ですが、その奥に存在する本来の自分自身を見いだし、人生を全とうしようと行うものです。
    慈眼院坐禅会の趣旨については、こちらをご覧下さい。

「愛と慈しみこそ、まさに社会の礎となるものです。こうした感情を失ってしまうと、社会に恐るべき苦難をもたらします。人間の存続でさえ危機にさらされるかもしれません。」
「私たちは、生れ落ちた瞬間から、両親の保護と慈しみのもとに置かれますが、その後の人生においても、病で苦しんだり、年老いた時に再び他者の慈しみを受けることになります。一生の始まりと終わりに、これほどまでに他者からの慈しみにあずかっていながら、どうして他者に優しくしないでいられましょうか。」(ダライラマ)

ダライラマ法王

ダライ・ラマ法王

慈眼院ダライラマ法王日本事務所世界電網学道道場

慈眼院の月例坐禅会に参加

8月26日は、りんくう花火大会だった。渋滞を避けて早めに慈眼院へ向かう。

本堂の入り口には、蚊取り線香が二カ所に置かれている。内部には蚊はほとんどいないのでありがたい。今日は二名の参加者だ。とても暑いが、いつの間にか線香が消えている。三炷目に入ると、突然花火の音が響きだした。今頃田尻マリーナでは、皆が集まって花火見物だろう。こちらはお寺で静かに坐禅を楽しむ。

 

2月の月例坐禅会

入り口を開け放した本堂の中へは、容赦なく冷気が入ってくる。坐禅中には寒さを感じないで済むが、経行時には足の裏から氷のような冷たさが畳から伝わる。

三炷の坐禅が終わり書院へ移動する。椅子もすでに暖かく感じるのは、相当前からストーブの火が入っていたのだろう。和尚様に挨拶して、ショウガ湯を頂く。ホッとする瞬間だ。

月に一度の坐禅であるが、終わるとどこか晴れ晴れとする。来月には、慈眼院の庭は紅梅の香りが満ちるだろう。3月は26日(土)に開催される。今から楽しみだ。

書院の花はすでに春

書院の花はすでに春

8月の月例坐禅会

8月22日の坐禅会は、6名の参加者だ。2炷目は警策を持って回る。10年以上に渡って使ってきた警策が、たたいた時に割れてしまった。有名萬物之母の文字は、先代の南揚道和尚(前仁和寺門跡)様のご染筆だ。惜しいが、割れた時の参加者にあげることにする。

熱帯夜の坐禅会に参加する

慈眼院へ早めに着き、本堂へ入る。出入り口には、すでに蚊取り線香が2箇所置かれている。おかげで内部は、蚊の襲来が少ないので助かる。
開始する時刻になったが、まだ日が明るい。今日は、次々と参加者が増えて10名となる。しばらく休んでおられた方も来られたので嬉しい。
無事に終了して書院へ移ると、机の上には冷たいお茶が用意されている。お菓子は大きなくるみ餅だ。よく冷えている。お茶もお菓子も、和尚様が自ら用意していただいているようだ。ありがたく平らげる。坐禅も、その後のお茶飲み話も楽しみだ。書院の花は涼しげだ。白のむくげに矢筈ススキと金水引が添えられている。