お茶を一服

now browsing by category

 

散歩道の花

暖かな休日だ。近所を散歩する。道の傍らには、もう初春の花が開いている。水仙はあちこちに植わっている。良い香りが漂ってくる。道ばたの蝋梅と椿は枝振りを選び、勝手に切らせてもらう。家に帰って、さっそく活ける。水仙を入れた焼き締めの鬼の腕は、泡盛の酒瓶だ。

今日の花

トタン小屋茶室を掃除して、軸を掛け替えた。柴山全慶老師の「隨處作主立處皆真」だ。臨済録の一句である。柳田聖山先生の講義を思い出す。努力はするが、常に実践するのは、とても難しい。

花は天野の散歩道で見つけた椿を、焼き締めの鬼の腕に入れた。

隨處作主立處皆真

隨處作主立處皆真 

鬼の腕に椿

鬼の腕に椿

お茶の稽古に励む

今日は先生にトタン小屋まで来て頂き、お茶の稽古に励んだ。

1週間前から準備にかかる。炉中に灰をふるって入れ、釜の据え付ける高さを調整する。席や水屋に掃除機をかけ、ぞうきんで拭く。炭 を水洗いして、乾かす。炭はよく洗っておかないと、切ったときの粉がたまっていて、パチパチはぜるので危ない。

道具を調べる。水指は伊作の南蛮手を使おうと思ったが、底からじわじわと水が漏る。芋頭に取り替えた。竹の蓋置きは風炉用しかないが、これで許してもらおう。床には南嶺和尚の画賛、李白の句をかける。後座の花は、寒菊と照り葉にした。朝に近所を散策したとき、勝手に切らせてもらう。花入れは森岡百合子の朝鮮白磁を使う。
鉄板の天井裏がむき出しの席であるが、それなりの雰囲気だ。

自分を省みるいとまもない毎日であるが、休日にほっと一息つけるのは、とてもありがたいことだ。

 

札幌はすでに秋が深い

ホテルに隣接する中島公園を散策する。楓や桜はもちろん、ナナカマドも赤々と紅葉している。時雨がくると、風がいっそう冷たくなる。もうすっかり秋が深い。

公園内の茶室を見学する。遠州好みの八窓庵だ。窓の外側はガラスで覆ってあるので、席中を覗くことができる。ガラスは風と寒さを防ぐ工夫でもあろう。つくばいの周囲は、2種のササだけを植えて、あっさりとしている。露地全体も植え込みが少なく、おおらかだ。春から秋は、気持ちの良い席だろうと、想像する。

 

 

トタン小屋で初めてのお茶

あり合わせの材料で作ったお茶室へ、初めて友人3名を招いた。気楽な友人だけなので、形式を離れた楽しいひとときを味わうことができた。しかしそのように受け取るのは、油断だ。亭主の独断と考えておこう。

友人のブログに、当日の写真が掲載されています。