22世紀研究所・ヨット

心臓外科医の覚悟

心臓外科医の覚悟

心臓外科医の覚悟

岩波SSC新書が、著者の山本晋さんから届いた。タイトルは「心臓外科医の覚悟-医師という職業を生きる」とある。

梅田までの電車の中で読み始めたが、おもしろい。おもしろいと言っては失礼だが、途中でやめられないほど興味深い内容だ。ご自分の人生に真正面から取り組む姿が、医師としての活動から伝わってくる。芸術家ではなく、職人だという姿勢も共感する。

著者がヒューストンのベイラー医科大学で修行していた2年間は、私の世界一周と同じような時間であったのかと想像する。いつかお話しできる機会があればと、楽しみだ。

 

One Comment to 心臓外科医の覚悟

  1. ラーク艇長 より:

    先だって高校サッカー・沖縄大会応援の為に那覇まで出ました  準決勝勝ったから決勝見らな と云うことで那覇に滞在 久しぶりに宜野湾へ  出かけた甲斐がありました 昔同じフネに乗ってた方と偶然ポンツーンの入り口で会えました 「長元坊」の艇長で脳外科医、25年ぶりですかね  序に:「イントレピッド」の優雅な姿も見れました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です