22世紀研究所・ヨット

奈良から上島さんが、ご来訪

上島さんは、田尻で活動しておられた奈良のヨットマンだ。忙しい仕事の合間をぬって、大和の歴史研究の成果を上梓された。タイトルは、「天の二上と太子の水辺」(学生社刊)だ。静かな話し方とは、かけ離れた内容のようだ。早く読みたい。

二冊目の構想も、すでにできつつあるようだ。今度は打って変わって、ヨットが出てくるフィクションとのことだ。一冊目との対称的な落差は何だろう。人間の心は、本当に興味深い。

One Comment to 奈良から上島さんが、ご来訪

  1. 上島 より:

    恐縮です。2作目は『茅渟の海』というタイトルの小説にしたいと思っています。田尻が舞台の小説です。果たして、日の目をみるか、頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です