22世紀研究所・ヨット

昨夜の月例坐禅会

梅雨の雨が上がり、慈眼院の庭はみずみずしく匂っている。白色の蛍袋が群生して、下に向いて慎ましく咲いている。梅雨時に開く深山蓮華は、この季節の楽しみだ。しかしまだつぼみは堅い。

初めての参加者もあり、今日は5名となった。ほどよい気温のせいか、あっという間に3炷(しゅ)が終わる。書院へ渡る廊下の水路には、蛍が光っている。

書院では慈眼院がご用意頂いた、お茶とお菓子を頂く。1ヶ月間のストレスから解放され、心のバランスが回復するのを実感する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です