22世紀研究所・ヨット

5月7日の慈眼院坐禅会

慈眼院の門前で一礼し、本堂へ向かう。まず本堂の右手にある大山蓮華を見にいく。蕾が大きくなっていた。来月にはもう咲くのだろう。新緑に浮かぶ白い花と、高貴な香りがたまらない。あと何回、その機会があるのだろう、ふと考える。

18時30分の直前に到着したが、まだ誰も来ていない。一人で開始したが、まもなく参加者が増えて4名となった。

坐禅を終えて、書院で南寿明和尚様に、ご挨拶する。用意頂いたお茶と菓子を、一同で頂く。書院には、菖蒲が古銅の花入れに入っている。

慈眼院には16年間にわたって、お世話になってきた。数々のご配慮に、ただ感謝する以外にない。
これまでは制約もなく続けてきた坐禅会であったが、新たに綱領を設けることにした
坐禅の起源は、4000年以上に遡ることが出来る。当時も今も、坐禅を必要とする人が存在する。慈眼院でさせて頂いている坐禅会を、坐禅の根本へ戻したい。そして坐禅会は一人一人が、各自の問題を直視できる場としてゆきたい。坐禅会が、その解決に少しでも役に立つ機会になればと願っている。

来月の月例坐禅会は6月4日の1830時からに決まった。

2 Comments to 5月7日の慈眼院坐禅会

  1. ラーク艇長 より:

    去年の秋 遅れ新年会で上京 翌日幹事さんが鎌倉ハイキングを設定してくれていて鎌倉五山のうち3ヶ所巡ってきました 鎌倉は武士 同じ禅でも京都は公卿(観光客の視点で)を感じました 東慶寺でしたか西田幾多郎、小林秀雄のお墓がありました(お寺に入る前に知ってたら行きましたが) 幹事が案内してくれたのは大松監督の「根性」と、もうひとつは思いだせない 極楽トンボと飲みすぎて 大木にいとこがすんでます 長らく無沙汰してますので 尋ねがてら 慈眼院にも一度行って見たいと思っています   

    • Aoki より:

      鎌倉は武士、京都は公卿なら、泉佐野は市民坐禅ですかね。しかし慈眼院の和尚様は、京都仁和寺の管長を務めておられますが。
      飲み過ぎて、極楽に行かないでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です