22世紀研究所・ヨット

バルカンアンカーの中村さんから届いた喘息治療法

喘息ねぎ治療法

H 2 2. 04. 10 中村宗次郎

  始めに、日本全国で喘息で苦しんでいる人は1 6 0万人もいると云います。

私もその一人として3 o才頃から永い風邪の後で始めて強い発作に変われ、これは苦しいですよ。でも経験した人でないと仲々此の苦しみ理解できません。

  以来、病気を大切? にあの手この手を尽くしました。医者は色々云うし、お薬も沢山くれますが治りません。エフェドリンやアロテックなどは強い薬で体を傷めてしまいます。食餌療法ではニンニク、ごま油で炒めてみたり焼酒としょうゆでびん詰めにしたり、様々工夫しましたが匂いが強く人に嫌われます。

7 o代になってもまだ喘息を抱えこんで、遠出や旅行でも心配で薬を手放せませんでした。それが子供の頃、長いおねぎ(葱)を縦に裂いて熱いたおるで包み、首に巻くと呼吸が楽になる事を思い出しました。そう、おねぎです。ようしとばかり試してみました。それも熱を絶対加えない生食です。

  試行錯誤しながら、千寿ねぎなぞは白身のところが長くてこの細身、4~5分 (12~15″ノ”)を6~7寸(18程Cm)に切り、薬味に出来るだ細かく刻み、生卵でご飯にかけたり、パック入りの甥節ワンバックと混ぜておしょうゅをかけ、まぜご飯にしたり、毎日ねぎ一本を食べる事を習慣にしてみました。

  此がすごい効果で、半年ほどで胸の息苦しさが取れ、よく寝られる様になりその上、足がむくんでいたのですが此も治ってしまいました。もう、病院で頂いたお薬はおきっぱなしです。

   とにかく生葱を毎日食べる事が大切です。お味噌と混ぜて此に生にんにくを入れ、みかんの皮とか金山寺味噌の様にして家庭の常備食も宜しいですね。長患いした私がおかげで完治し、毎日心配なく過ごせることは大いな喜ぴです。大勢の喘息で苦しんでいる人々がおられます。八百屋で一東百円のおねぎでいとも簡単に治り、全然お金もいらず特別なこともせずに喘息以外に体のむくみとか冑暢などにも良い様です。此は世界中と云わなくても一人が一人が身近な人に教えて差し上げるだけで宜しいのですから簡単です。

   どうか、このレポートを読まれ、お知しりあいで困っている方がおられたら教えてあげて下さいお願いします。

中村さんの水虫治療法はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です