22世紀研究所・ヨット

ジャパン・インターナショナル・ボートショーから帰りました

パシフィコ横浜で開催されたジャパン・インターナショナル・ボートショーへ、3月4日から7日まで、青木ヨットスクールとして出展していました。

35年前にお世話になった方や、遠くの友人達に再会することができました。本当に嬉しいボートショーでした。

4 Comments to ジャパン・インターナショナル・ボートショーから帰りました

  1. ラーク艇長 より:

    ボートショーは25年程前にピーターソンのツートンを見に晴海まで見に行ったのが最初で最後。不況の中盛況であったならうれしい限りです。素晴らしい出会いも羨ましい(昔、通った飲み屋を久しぶりで訪れ、会いたかった人に偶然再会する、こんなんが大好きです)。計画スピード15とは、秘密を知りたいですね。4月上旬に上京します。サバニとチョキを見てきます。

  2. Aoki より:

    深川江戸資料館にチョキが展示されていましたよ。

    @ラーク艇長

  3. ラーク艇長 より:

    4月3日、まずチョキを見るべく深川へ行ったが休館中。次いで船の科学館へ伊江島・下門龍仁氏作のサバニを見に。展示場入口の「シンボルホール」に展示されてました。因みに1:同ホールには北前回船のレプリカや往年の5Mクラスの実艇もありました。ただ展示だけでは「サバニの素晴らしさ」は判って貰えない、願わくば講師に青木さんを呼んでもらって講演会を開催して欲しいところです。因みに2:1日は東京の友人達と渋谷で遅れ新年会、2日は大山詣での登山、4日は息子の案内で中目黒の桜でお花見。因みに3;シニア空割で那覇・羽田10100円でした。

  4. Aoki より:

    チョキがみられなくて、残念でしたね。サバニは俺が大将ばかりで、皆面白いです。今年は糸満から石垣島へ、セーリングしたいなと考えています。

    @ラーク艇長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です