22世紀研究所・ヨット

冬の札幌は、とてもおいしかった

札幌の岡本さんにY15ディンギーの木型を作ってもらっている。その仕上げを見せてもらいに札幌へ行った。しかし仕事だけではなかった、、大阪にはないおいしさにも満足することになった。

おいしさだけでもない。ひーさんと知り合ったことは、驚くべき体験となるだろう。そんな予感を漂わせる人物だ。大きさと細やかさを併せ持つ、計り知れないスケールの大きさだ。
差し入れていただいた鹿肉を、主人が塩焼きとたれ焼きにしてくれた。野生動物なのに上品なおいしさだ。牛肉はもう一つだねと、岡本さんがよく言う。その意味が少しわかる。羊、鹿どちらをとっても、素晴らしい北海道の味だ。すすきのの居酒屋二合半も、小樽の千春鮨も、地元人ご推薦の店だ。持つべきはよき友とは、こんなことを言うのだな。

One Comment to 冬の札幌は、とてもおいしかった

  1. Fuu より:

    Looks very cold there! Sugoi!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です