22世紀研究所・ヨット

日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

10月11日に大阪で開催された日本アドベンチャー・サイクリストクラブ(JACC)30周年記念セレモニーに参加した。
JACCを創設し、アドベンチャー・サイクリストを輩出させてきたのは、現代表を務めている池本元光さんの力が大きい。
池本さんは1968年から4年4ヶ月の歳月をかけて世界5大陸47カ国を走破。日本人として初の自転車世界一周記録を打ち立てた。世界一周に使用した自転車「タルーゼ号」は財団法人自転車センター(関西サイクルスポーツセンター)に永久保存されている。

池本さん自身はその後、自分で冒険的な旅はしておられないようだ。しかしJACCの活動を通じて、サポートしてきたアドベンチャーは数多い。舟津圭三さん、故河野兵市さん、中西大輔さん、エミコ・シールさんなど、著名な後輩たちが続出している。
単なる自転車アドベンチャーと片付けられるかもしれない。しかし彼らの行動は、日本の大きな宝であるといえよう。民間外交としても、勇気を与えるアドベンチャーとしても、元気が失せた日本には希望であり、かけがえのない存在ではないだろうか。

ヨットと自転車という対照的な世界の池本さんと出会ったのは、藤木高嶺先生のご紹介だった。藤木先生は、登山家、探検家、ジャーナリストとしてその業績はよく知られている。
表に出ている先生の行動とともに感銘を受けるのは、アドベンチャーへの暖かな支援である。常に希望と失望の間にさいなまれる冒険者にとって、先生の激励と存在は大きな支えとなる。私もその一人であった。ご自分の立場を活用した、心温まる配慮を今も継続しておられるのには、全く頭が下がる。

 

3 Comments to 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

  1. 中西大輔 より:

    青木様、先日はJACC30周年の記念セレモニーにてお会いできまして大変光栄でした。私は自転車と徒歩での山登りなどを中心に活動してきましたが、ヨットでの冒険もとても興味深く思っています。いろんな違った分野で活躍されている方々のお話を知ることはとてもいいことです。またいろいろ教えてもらいたいです。

  2. Aoki より:

    中西さん、すばらしい冒険を達成されて、本当におめでとうございます。中西さんの成功は、自信を喪失している今の日本に、大きな希望を与えてくれたとおもいます。
    自ら困難な課題にチャレンジする姿は、本当に尊いことですね。その行動は苦しみと闘っている人たちにとって、国や人種を越えて、勇気と希望の星となりました。

    こちらこそ、教えてもらいことばかりです。またお目にかかれる機会を楽しみにしています。
    @中西大輔

  3. ラーク艇長 より:

    やっぱり勇気ですな。ミスタープレジデントの国は勇気の国、首相の国は優しさの国。優しさだけでは生きていけない。勇気の中に愛も優しさも含まれると思う・・・・・・。説教臭くてごめんなさい、やっぱり艇長もシニア。(因みに艇長のBDはノーベル賞授賞式の日、あと4年とちょっとで70やで、難儀なことです)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です