22世紀研究所・ヨット

09/16:糸満で、ヨットEAGLE号の準備

那覇空港からレンタカーで、糸満の大城造船所へ行った。サバニ・レースへヘンサーで出場した角田さんが、まだ沖縄にいることが分かった。9月13日がレースの日であったが、その後角田さんはサバニ・クルージングに備え、自動車で本当西海岸の寄港場所を見て回っているようだ。
帰ってくるのを待ち、大城豊さんと3人で、懇親会を行う。帆掛サバニ・フェスタin南城の実行委員会の方々からは、ずいぶん温かく迎えて頂いたようだ。とても嬉しいことだ。

きょうは朝から、EAGLE号のマストへ登ってもらった。ロアーシュラウドを、2本とも交換した。19日からの航海に備えて、整備を始める。暑いので、休み休み動く。
きょうの昼食は、沖縄ソバだ。新しくなった玉屋へ4人で行く。自動車で30分かかった。そのかいがあった。かつおだしが、固めのそばにピタリとあっている。
角田さんが沖縄を離れるのと入れ替わり、安齋さんが糸満へ来てくれた。きょうは荷物の整理にとどめ、民宿へ戻る。
崎山さんから連絡が入った。3人で、イカ汁を食べに行く。安齋さんは初めてのイカ汁に、戸惑っている。海人工房の上原謙さんが、途中から来てくれた。「コーバンギラー」が謙さんの乾杯の言葉だ。

糸満の一日がまた過ぎる。

2 Comments to 09/16:糸満で、ヨットEAGLE号の準備

  1. ラーク艇長 より:

    イカ汁:私の場合。15年前になるかなあ、tiki21で糸満へ、目的は初保さんにお礼(ぐるくん回航時の)を云う為。未だあるかどうか「マグロ基地」に昼飯連れていってくれました。私はイカ汁を注文、初体験です、出てきてビックリ、どんぶり一杯の量、美味しかった、でも量が。その時思いました「完食せな友達になれんな」と。正解でした。以下オジイの感傷:然し6年前再会したく糸満へ行きましたが、引越しされていました。「天」へ。

  2. Aoki より:

    @ラーク艇長 古い友人を失うのは、苦しいことですね。以来、胸に穴が開いたような思いです。糸満の3人の仲良しのうち、もっとも長生きを目指していたのに、悲しいことでした。
    初保とはサバニ乗って漁へ行ったり、糸満の埋め立てがまだ始まる前のことを思い出します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です