22世紀研究所・ヨット

2月の月例坐禅会

入り口を開け放した本堂の中へは、容赦なく冷気が入ってくる。坐禅中には寒さを感じないで済むが、経行時には足の裏から氷のような冷たさが畳から伝わる。

三炷の坐禅が終わり書院へ移動する。椅子もすでに暖かく感じるのは、相当前からストーブの火が入っていたのだろう。和尚様に挨拶して、ショウガ湯を頂く。ホッとする瞬間だ。

月に一度の坐禅であるが、終わるとどこか晴れ晴れとする。来月には、慈眼院の庭は紅梅の香りが満ちるだろう。3月は26日(土)に開催される。今から楽しみだ。

書院の花はすでに春

書院の花はすでに春

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です