22世紀研究所・ヨット

日本の海岸線長さは世界6位

日本の国土面積の広さは、世界で62位であるが、海岸線長さは6位である。国土面積が少なく、そしてさらに平野部の狭小さを考えると、日本はこれまで言われてきたように、果たして農業国と言えるのだろうか。
明治以前には、百姓は農民を意味するのではなく、一般平民を指していた。農民だけではなく、漁民、船乗り、職人、商人、その他の職業が含まれている。水呑み百姓といわれる人たちが、田畑は持たないけれど、多くの石高を納税していたことが、明らかになってきた。塩、炭、布、木材などの農業以外の生産や流通によって、利益を上げていたことが知られてきた。税金の単位を石としたために、日本は農業国だと思いこまれてきたのではないか。

100年前には、海や川辺の住民は、隣町へ行くのさえも船を利用していた。1889年に東海道線が開通するまでは、東京大阪間さえも、海路なら3分の1の、4日で行くことができた。それを実行できる造船術、航海術、操船術が完成していたと考えられる。
人の交通はもちろんのこと、はるかに大量な貨物を、陸路より迅速に運搬できるのが船舶だ。小舟でさえも馬の5倍の荷物を積載することができる。

日本は世界で有数の海岸線長さを持つ。船舶が通行できた河川も多い。その自然条件が、歴史と文化に与えてきた影響を考えてみよう。

目次へ戻る。

アジア内海国の海岸線長さ順位

海岸線長さ順位 国名 海岸線長さ(km) 国土面積(km²) 国土面積順位
1 カナダ 202,080 9,220,970  2
2 ノルウェー 83,281 324,220  68
3 インドネシア 54,716 1,826,440  15
4 ロシア 37,653 16,995,800  1
5 フィリピン 36,289 298,170  73
6 日本 29,751 374,744  62
7 オーストラリア 25,760 7,617,930  6
8 アメリカ合衆国 19,924 9,158,960  3
11 中国 14,500 9,326,410  4
23 パプアニューギニア 5,152 452,860  55
28 マレーシア 4,675 328,550  67
32 ベトナム 3,444 325,360  66
34 タイ 3,219 511,770  51
45 北朝鮮 2,495 120,410  99
50 韓国 2,413 98,190  109
55 ミャンマー 1,930 657,740  40
64 台湾 1,566 32,260  138

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です