22世紀研究所・ヨット

友人のお母さんをお見舞いに行く

11月20日、芦屋のケアーハウスへ、お見舞いに行く。自宅からもってきた、家具や鉢植えを飾っているので、お母さんも少しは和んで居られるようだ。冷たくなっている手を温めてあげると、気持ちよさそうだ。何度も手を差し出されるので、両手で挟んで暖める。

帰り道にそば屋、土山人へ寄る。にしんそばを頼むと、そばとニシンが別々に出てきた。そばのお椀は、角偉三郎かと思ったが、違うようだ。私の好みでは、大正区の凡愚がひと味上だ。値段は半分近いし、器も森岡さんの焼き締めや白磁を使っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です