22世紀研究所・ヨット

青木ヨットのフロテーラで、保田漁港へ行く

5月11日の東京湾は、豪雨と南からの強風だ。浦賀のマリーナ・ヴェラシスから出た我々は、ずぶ濡れにはなったが、快適なセーリングだ。しかし船橋と木更津から出航したヨットは、向かい風で大変な苦労に違いない。

保田に着くと、油壺から参加したZen24は、すでに到着している。まもなく横浜から参加したヨットも入港した。全員そろうのを待って、夕食懇親会が始まる。「ばんや」のメニューは、二人前あると言っても良いほど、量が多い。自己紹介に続いて、世界一周のスライド映写会を開始する。わざわざフェリーに乗って駆けつけてくれた小林さんは、びしょ濡れになって到着した。

スライドのあとは、二次会だ。打ち解けた仲間で、泡盛、日本酒、ワインがすすむ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です