22世紀研究所・ヨット

フジコ・ヘミングを聴く

きのうは仕事を早退して、西宮の兵庫県立芸術文化センターへ行く。開演にようやく間に合った。ホールはすでに満席だ。フジコ・ヘミングのコンサートは、初めてだ。

モーツァルト、ベートーベン、バッハ、リストと続く。オーケストラの曲間を待つ後ろ姿は、身じろぎ一つしない。ピアノの前で坐禅をしているかのようだ。そしてソロで弾いた最後のラ・カンパネラに、圧倒される。息が詰まってしまい、涙が止まらない。ステージへ登場した時は足取り重い81歳の人だった。その人が演奏しているとは、とても思えない迫力だ。演奏が終わっても、身動きできない、立つのも、ブラボーも忘れてしまった。
今日はフジコ・ヘミングのおかげで、勇気をもらった。

One Comment to フジコ・ヘミングを聴く

  1. Chie French より:

    洋先生こんにちは。私も一度はフジコ・ヘミングウェイさんの演奏を生で聴いてみたかったんです!
    いつか私も絶対に機会をもちたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です