22世紀研究所・ヨット

庭に奇妙な生物が出現

黄色い蛍光色だ、あれは何だ?帰宅して窓からのぞいて驚いた。抜いた雑草をまとめている場所の表面へ、ヒトデ型に広がっている。近くで見ても、なんだかわからない。植物なのか、茸の一種なのか、カビなのか、実に気持ち悪い生物だ。
写真に撮り、ネットで調べる。どうやら粘菌という生物のようだ。 体に影響はないのだろうか。心配だ。
しかし翌朝見ると、茶色に変色して、小さくなっている。裏返してみると、中はまだ黄色の蛍光色が残っている。 初めて見かけた奇妙な生物だ。

One Comment to 庭に奇妙な生物が出現

  1. より:

     変形菌(粘菌)は、ありふれた生物で、土中に広く存在します。それが地面に出た形が青木さんの見つけられたものです。山や緑の多い公園などによくあります。菌類としての性質をもちながら運動性をもつ珍しい生物で、南方熊楠や昭和天皇も研究していて、粘菌ファンも多いようです。
     インターネット検索をしてみましたが、変形菌が人体に有害との記述は見つけられませんでした。

    日本変形菌研究会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です